ピアノ奏者としてのパーソナリティーを大切にしていこうと思います。

ピアノを始めたのは3年代の時でした。
クラシックが大好きな父親はとにかくドビュッシーが好きで、お子さんのこちらに弾いてほしいという心情から習わせたのでした。

医師とのマンツーマン稽古はとても楽しくて、こちらはピアノが大好きになりました。
父母はもちろん音大に進ませるつもりだったのですが、こちらが進学始める気分がないことを教えるという、ちょい落胆していました。

こちらが音大に進学しなかったのは、医師とのマンツーマン稽古だけで様々だったからだ。
それに、私の親せきにバイオリンて音大へ進んだ人類がいましたが、音大へ入ってから熱唱表示が変わってしまったのです。
無難と言うか、聴いていて何も感じなくなってしまったのです。
今までは果てしなく素敵な奏で方をしていたのに、というこちらはがっかりしてしまったのを覚えています。

医師にそのことを話すといった、音大に行くだけがみんなではないと言ってくれたのです。
音大に行くことは特典もあるが、自由に熱唱することが難しくなるって。キャンパスはあくまでセミナー、セミナーではマニュアルに沿って教えていかなければならないので、権利が利かなくなると言っていました。
医師は、キャンパスの講師の事実があったので、色んな視点からのお話を通してくださいました。

私の熱唱は独創の固まりだとしばしば言われます。
好きだという人類もいますが、ほぼ不得意に思う人類もいると思います。
でも、食堂などでの熱唱を任された際は、たくさんの人懐っこい拍手をいただけます。
時折不安になることもありますが、こちらは自分の独創を大切にしていきたいと思います。詳細はこちらからどうぞ